肝硬変に罹患しやすい15%の脂肪肝患者

非アルコール性脂肪肝疾患は、肝硬変および癌を引き起こす可能性があると、大学院医学教育研究研究所(PGIMER)の専門家が述べています。
肥満および糖尿病患者の非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に至り、そのうち15?20%の人々が肝硬変の肝臓癌に罹患するリスクがあるとのことです。