成人の3分の1以上がうつ病の原因となり得る処方薬を使用している可能性

研究者は2005年から2014年の成人26,000人以上の薬物使用パターンを遡及的に分析。
この研究は国民健康栄養調査の一環として収集されました。
その結果、ホルモン避妊薬、血圧や心臓の薬、プロトンポンプ阻害薬、制酸薬、鎮痛薬を含む200以上の一般的に使用される処方薬が、多くの副作用を抱えていることを発見しました。