健康

健康寿命延伸の為のマーナ検査のご案内

遺伝子関連の検査を導入されているクリニックが増加しています。 「マーナ検査」は、その中でも早期発見ではなく、予防・予測を目的として、現在の「遺伝子のはたらき」を解析する検査です。

■長寿遺伝子検査
抗酸化、抗ストレスなどの効果があるとされ、老化(細胞レベル)を抑制するといわれている長寿遺伝子が現在どれくらい活性しているかを確認する検査。 ※アンチエイジング療法の効果確認で利用されています。

■がん関連遺伝子検査

男性8部位 女性11部位のがんに関連する遺伝子のはたらきを調べる検査。 がんを発生させやすい環境があるからリスクが高いという結果から、より効率の良い予防療法の導入や、生活習慣の改善指導をサポートします。
※禁煙したら肺がんのリスクが下がった!生活習慣改善のきっかけとして

■クリニックでの検査方法

2.5ccの採血のみ。結果は3~4週でクリニックにお届け致します。

*
マーナ検査のお問い合わせは info@kenkome-jp.com 【ケンコームJapan】まで

世界の人口のほぼ4分の1が2045年までに肥満になる

WHOのデータを用いた新しい研究では、より多くの国々が行動を起こさない限り、8人中1人が2型糖尿病に罹患することになるとのこと。
オーストリアのウィーンで開催された2018年の肥満会議で今週発表された新しい研究では、世界の人口の4分の1(22%)は2017年の14%から2045年には肥満になり、 8人に1人は2型糖尿病を発症し、2017年には9%から増加すると結論づけている。世界的な糖尿病の割合を10%で安定させるために、肥満率は2045年までに現在の14%から10%に低下しなければならないと提言している。

【参照元 Market Watch ※原文は英語です】