乳がんや前立腺がんにつながる暗闇でのブルーライト

「la Caixa」財団の支援を受けているバルセロナ世界保健機関(ISGlobal)が率いる国際チームが実施した調査によると、夜間のブルーライトへの曝露と乳癌および前立腺癌の発症リスクの間の関連性が報告されています。
ブルーライトの曝露がより高いレベルの参加者は、曝露が低いレベルの集団と比較して、乳癌および前立腺癌を発症するリスクがそれぞれ1.5倍および2倍高いことが示されたとのことです。