ヨーロッパ研修行って参りました!

先日のお知らせ通りです。

10月8、9、10の予定でスペインのサンセバスチャン。

そして、
11日から3日間オーストリアのウイーンで開催されるヨーロッパのインプラント学会に行って参りました。






















最新の技術や知見を、皆さまにお届け致します!













■インプラントなど歯科の最新情報を得るために

■インプラントなど歯科の最新情報を得るために

当院では、世界水準を当然如くご用意し、施術に当たっております。
そのためには最新技術、知見を吸収しなければなりません。
もちろん、海外の雑誌等の購読はもちろんですが、現場でのレクチャー、最新事例などは欠かせません。

早速行って参ります!

1つ目はプライベートの3日間のコースです
10月8、9、10の予定でスペインのサンセバスチャンで行われます。





終わり次第11日から3日間オーストリアのウイーンで開催されるヨーロッパのインプラント学会に行きます。





朝の9時から夜の19時までびっちりです^^;

がんばって行って参ります(^^

私の患者さんへの思い


■私の患者さんへの思い


●私は、開業したての頃は来院してくださった方全員に満足をしてもらいたくて損を覚悟で診療をしてまいりました。しかし、それは考え方が違う人がいることに気づきました。

例えば、痛くてしょうがないという患者さんを時間外まで待って診察します。しかし、次の予約には無断キャンセルをしたりする患者さんがいます。あるいは、全顎を治療するにはどうしても仮歯を何度か作り変えたりしなければいけませんが、これは保険治療では賄えなかったりします。

現在では、これらのことを理解してくれる患者さんに全力で頑張っております。

孔子曰く
 十人が十人悪く言うやつこれは善人とは言えない
 十人が十人よく言うやつこれは善人とは言えない
 善人とは五人が悪くいい、五人がよく言うやつを言う


●我々の診療室ではインプラントをやれるようになってようやく20年を迎えようとしております。インプラントの保証は一般的に10年間です。それには、メインテナンスに来ていただくことが条件です。98%以上の方がインプラントトについては問題なく経過しております。

では次の10年にはどのような配慮をしていけばいいのかを検討してまいりたいと思います。そこで、海外の講演や文献に裏打ちされた治療方針を解説していきたいと思います。
「すぐ噛める」「簡単にできる」などいろいろな方法が出ておりますが、残念ながら人の治癒能力にはほとんど昔と今でも変化はありません。
骨や歯肉を移植するのはメインテンスをしやすくしたり(できるだけ少ない清掃道具で歯ブラシができる)、術後の組織の安定を図るためには必要なことだと考えております。。

孔子曰く
 物事を迅速にしたいと、望んではいけない。
 小さな利点に目を留めてはいけない。
 物事を早く行うことばかりを望むと、十分になすことができない。
 小さな利点にとらわれると、大事な仕事を達成できない。


●今現在も外国の学会に年2回は参加してできるだけ最新の技術、進歩についていっています。
機械材料なども今世界で買われているものを使用しております。
今回アメリカの学会で見つけた「Mora Vision」という3Dでモニターに映し出し、口腔内が見える顕微鏡に変わるであろうカメラを導入しました。
インプラントなどは生体に残るものですので一番信頼性が高く、世界で一番使われているものを使用しております。
私共では、目標は10年ではなく20年以上を目指しております。







孔子曰く
 止まりさえしなければどんなにゆっくりでも進めばいい


「好きなことを仕事にすれば一生働かなくてすむ」
当院では、患者さんのお陰でこのような心境で日々の診療を行っております。


世界水準とはどういう事か?

世界水準とはどういう事か?


■虫歯について

歯を削って型を取る前に、仮の歯を作ることで歯肉の状態やかみ合わせを確認し最終の型はシリコン印象材を用いて行ない、できた冠の適合の確認もレントゲンを撮影して確認をする。此のようなことは歯科医療においては常識ですがなかなか現実にはやられていません。
歯を削る時の目的としてマージンという歯肉の上で削った面を留めるのか、歯肉の下まで削るのか、色々考えがありますが、前歯に関して言えば歯肉より下まで削らなければきれいな前歯ができません。しかし削る時に4歯肉を傷つけたりする事のないように一層糸を歯肉の中に入れることでできるだけ歯肉を傷つけないようにします。この様に歯を削るときにもできるだけ出血をさせない工夫をしております。
小さい前歯の虫歯をできるだけ目立たなように詰めるには一5種類のペーストでは出来ません。それは光の遮断をするためのペーストと色を出すペーストの最低2種類のペーストを用いなければいけません。しかし実際には一種類しか 用いることしか出来ないという制度があります。しかし当院では、全ての患者さんに平等に同じ材料を使っております。

■口腔単位で行なう治療

治療方針としては、お口の中は全て上下左右は関係していると考えております。
もしどこかに歯周病がある場合インプラントの処置は出来ません。失敗する確率が高いからです。
またかみ合わせが左右で狂っていたりするとブリッジや冠などを作っても歯が邪魔して噛めないという問題がでてきます。此のようなことが起こらないように全体を見て治療計画を立てる必要があります。
矯正治療などをうまく組み合わせていくことにより歯を削らない、歯並びが良くなれば歯ブラシがしやすくなり虫歯などを作らない事で予後の安定につながります。

マイクロスコープについて

マイクロスコープについて

最近、

 「マイクロスコープを使っているのに、どうして安いんだ?」

という声が聞かれます。


私はどうしてだろうと考えました。
マイクロスコープは道具です。ピンセットやミラーと同じと考えています。精密な施術をするために使う道具ですから通常いつでも私には必要なものです。お金を払う人だけに使うものではないのです。

例えば、眼科に行ってマイクロスコープを使わないで手術ができるでしょうか?
目の細部まではわからないと思いますがいかがでしょう?


特別な治療として初めは費用を取っていても、使い出したら全てで使用するようになってくる道具であると考えています。マイクロスコープを使っているような先生は全員が同じように考えていると思いますがいかがでしょうか?


多分、世界を探しても日本のようにマイクロスコープは使われていません。


マイクロスコープと拡大鏡の一番の違いは、倍率が変えられることです。すこし数値は違いますが、私の使っているマイクロは4倍から25倍まで5段階に変えられます。このように道具ですから、倍率も使う場合により異なります。

インプラントが新しいステージへ

インプラントが新しいステージへ

従来のインプラントは、チタンで出来ておりました。しかし強度の点で純正チタンではなく、チタン合金が使われておりました。欠点としては太さや長さを増すことで、骨結合を強固にすると考えていました。

しかし、欧米では、既にチタンとジルコニアの材質で作られている、
Roxolidというマテリアルが使用されるようになりました。日本でもようやく本年から厚生省の認可を取得でき、手に入れることができるようになりました。当院におきまして本年より全面的に本製品を使用することに致しました。

従来の製品は、特許が切れてジェネリック医薬品と同様に誰でも真似て製品化出来るようになったので、格安製品が韓国などで生産されるようになってきました。しかし、Roxolidと同じような製品は格安では販売されません。

Roxolidの強度は24%増加し、骨結合も早くて強固であるという利点を備えており、従来よりも細くて短いインプラントの仕様が可能になっています。それ故、より安全で低侵襲で手術が行えるということです。
ぜひみなさんも、インプラント治療をされるのであればRoxolidと指定をされればと考えます。

歯科医の役割り

60歳以上の方1000人にいま最も後悔をしている事というアンケートをした結果。
なんと
「歯を大切にしておけばよかった」が一位でした。
歯は死なないからいいや、とか食べられるからいいや等、若いころには考えてしまいます。


人生の目標は今、PPKといわれています。これはピンピンコロリの略です。この人生最大の目標を達成するには、口から物が食べられるという単純なことが挙げられます。

もう一つ、言葉が喋れる。つまり聞く側が判る構音機能が口腔にはあります。この様に幸せに生活するには欠くことのできない役割があります。もちろん歯がないひとを見たらあなたはどういう判断をされますか?


胃がんの手術をする、大腸がんの手術をすると同じ人生を長生きさせると同じ意味を持つと考えております。できるだけきちんとした物を長く責任をもって処置をしていくことを心がけています。


老後、入れ歯とインプラントどこが違いますか?
もしあなたが介護になった時食事をするときや就寝時入れ歯をしないでいると誤嚥性肺炎を引き起こす原因になってしまいます。年齢が高くなってくると死因の上位に肺炎が出てきます。


ではインプラントはどうでしょうか?
歯ブラシができれば必ず長く保つと考えます。ぜひ口腔ケアをしている施設を選んでください。この様に人生を楽しく過ごすためにも歯の検診をおすすめします。

【当院で保険の合金を使いたくない理由】

欧米では、パラジュウムは機能的強度は優れおり金合金に匹敵しますので、歯科合金は、金、白金、パラジウムが75%以上ないと科学的に安定せず、お口の中で溶け出してくる、と言われています。

保険適用の金合金は、金+
32%パラジュウムですから安定した金合金とは言えません。金、銀、パラジュウム合金は金属アレルギーを起こす可能性のある金属の1つです。

ヨーロッパなどでは、お口の中に使われないものなのです。

金合金の安価な代用品として日本だけで使われている歯科用合金なのです。

★アレルゲンになりやすい金属    安全な金属

 1位  水銀            1位  銅
 2位  ニッケル          2位  亜鉛
 3位  錫             3位  金
 4位  パラジウム         4位  銀

以上の理由により、当医院ではできるだけパラジウムを使うことをお勧めしません。


file000972175181


*ものとしての理由ですが他に適合性などの理由も加味されます。

 
*ジュエリー業界でも20年以上前は白く美しいので大変流行ったそうですが、パラジュウムは1定以上の良は使われなくなってきました。
最近ではホワイトゴールドの装飾品の中に25%ほど含まれているそうです
 

世界最先端技術を採り入れております

スクリーンショット 2014-01-29 14.59.24

スクリーンショット 2014-01-29 14.59.43

昔と今の患者さんのニーズ

昔と今の患者さんのニーズ


私たちが歯科医になったころは前歯に金銀色々な色の混じった冠が入っていました。

これはテレビで良く見かける芸能人も例外ではなく奥歯は銀色の歯を見かけたものですが最近は見かけなくなりました。

まだ全員とはいきませんが松田聖子のような犬歯が外に出ているのがかわいいという時代も終わりました。
もし金銭的な問題を抜きにすれば現代の人は、白い歯を入れたいと思っています。

だから我々はそのニーズに答えられる様に頑張っています。



三友歯科医院 村辺 均

今回はマージン(歯を削った境界)について説明します。

今回はマージン(歯を削った境界)について説明します。

冠の適合がよい、悪いは、その歯がどのくらい持つかどうかを左右する重要な部分です。
Pasted Graphic 16

せっかく虫歯を治しても入れた歯と削った面がぴったり合わなければ、すぐに次の問題を起こします。

1本の歯が再治療をすることが出来るのが3〜4回が限度です。きっちりした冠を被せるようにしてください。

Pasted Graphic 15

もし悪くなったらその時又治せば良いという方がいらっしゃいますが、それを繰り返すと歯を抜きブリッジ、義歯になってしまうのです。

治療から予防へと言われますが、きっちりした治療そしてメンテナンスこれが一番だと思います。
適合のよい冠を入れて、まずはメンテナンスしやすい状態にすることが大切だと思います。

今回は当院の滅菌について説明します

今回は当院の滅菌について説明します

近年、C型肝炎の話題が多く一般にもしられるようになり、テレビ番組でも取り上げられている。
多くは輸血による感染が一般的である。

しかし、現在においても念に3,000人を超える方がなおも感染している事実がある。
テレビ報道では歯科からの感染の話題も出ており、ショックを受けているしだいです。


Pasted Graphic 12
小型滅菌器

Pasted Graphic 13
ハンドピース

Pasted Graphic 11
滅菌器

Pasted Graphic 14
滅菌パック


そこで当院における滅菌消毒をご紹介します。 器具は滅菌を全てのものに対して行っております。

歯を削るバーはもちろん、ハンドピースといわれる切削器具も患者様ごとに滅菌を行っております。
コップ、皿(器具を置く)などは使い捨てにしております。
B型C型肝炎等の感染の可能性のある患者様の器具も使い捨ての物を使用しております。



三友歯科医院 村辺 均

感染ってどうして起きるの?


器具の消毒滅菌が一番大切な事は云うまでもありません。

歯を削るタービン、5倍速の削る道具、歯を削るバーなどは患者さん毎に滅菌されているか、確認してください。

一番大切なのは、歯科は全部外科処置だといっても過言ではありません。

出血をできるだけさせない方法をとっているか?

・・・削る時は必ず歯と歯肉の間に糸を入れて歯肉を削るバーから守る方法をとっています。
もちろん型も正確に採得できます。

以上の最低条件は守れる歯科医院がいいのでは・・・

Pasted Graphic 8

安い、早いだけでは、歯は治りません。



三友歯科医院 村辺 均

あなたは歯の治療に満足出来ていますか?

あなたは歯の治療に満足出来ていますか?

根(歯の神経)の治療の説明を受けて、術前・術後のレントゲンを見た事ありますか?

比較して説明通りの治療がなされていればOK!一安心。

歯周病の治療も同様です。歯周病は歯ブラシとPMTCでは治りません。
メインテナンスは重要なものだと考えます。

私の診療所に来院なさる患者様の98%以上の方は、これまで他の診療所で満足な治療ができていません。

このままで混合治療なんてされたらお金をどぶに捨てるようなものです。

あなた自身でレントゲンを見て納得して下さい。

Pasted Graphic 6

Pasted Graphic 7




三友歯科医院 村辺 均

根の治療

■4本の神経を治療しています。

この神経の治療を顕微鏡を使う事のより確実に処置できます。このような治療をもしアメリカや日本の専門医がやったら10万円以上かかる治療です。

Pasted Graphic 17



■当院での治療代は4000円くらいです。高いでしょうか?

根の治療の感染対策
Pasted Graphic 18

全て根の治療にはこのような唾液からの感染を防ぐためにラバーダムを行って治療をしています。是非東京で世界で専門医といわれる先生は全てラバーダムをして治療をしています。

保険医療でも此の方法は行えますが手間費用の関係で90%の歯科医院ではやっていないと思います。



■根の治療を行うときは、いつもラバーダムをつけて感染しないようにして処置をする。

歯肉を傷つけない様に削ります。

Pasted Graphic 5



三友歯科医院 村辺 均

歯科治療は何のためにするのか

歯科治療は何のためにするのか

私の考え

インプラントをしたのに噛めないインプラントが悪いのでなく義歯がわるいので 噛めないのです。
すべてがバランス良くないと治療はうまくいきません。
目標はよく噛めて長く使えることだと思います

Pasted Graphic 3

Pasted Graphic 4

歯科治療は感染症を治療しています。

それ故口全体を対象に感染を除去しなくてはいけないのですそれが治療なのです。
もし噛み合せが一部分でしか噛んでなければ顎の位置がずれます、歯周病の処置を部分的にしかしなければまたすぐに感染してしまいます。

もちろん歯周病がある状態でインプラントをするのは問題外だと思います。


三友歯科医院 村辺 均

『医者は命を救い、歯科医は人生を救う』


この患者さんを見て目をそらしますか?


Pasted Graphic 2


この患者さんは医科的には治癒なのです。

腫瘍部は除去したので治療で退院する時に患者さんは『死んだ方がましだ、死ねばよかった』

このような患者さんは全ての方がそう言うそうです。


これは人は社会生活を普通に送る事を前提にしています。

そこからが歯科医の仕事なのです。

歯科医は虫歯歯周病を治すだけでは意味がないのです。

冠を作ったりして機能させ長持ちさせなければならないのです。

先ほどの患者さんはインプランを用いて耳の形を歯科技工士さんが作成し、歯科医が装着したのです。
これでようやく命を救った事が報われるのです。

私の尊敬する歯科医の言葉で

 『医者は命を救い、歯科医は人生を救う』

という名言があります。

だから仕事で手抜きは許されないと思っています。
材質も出来ればよいものを使用した方が良い結果が生まれると思います。



三友歯科医院 村辺 均

予知性を持った歯科治療

私どもの診療所では最低10年は何もしなくてもよい歯周環境を作り出し、ご自分でブラッシングしやすい管理できる状態を築きあげることを目的に診療を行っています。

人工物を入れるには入れる条件を整える必要があります。

これも臨床25年以上経過した症例、アメリカから学んだ事実を元に構築されています。
現在はあまり削ったりはしない方向になっています。
一本歯を失いブリッジをつくることから部分義歯への階段がはじまります。

もちろん冠を被せるにも多くの配慮が必要となります。

仮の歯をつかい拡大鏡をつかって削り、歯肉への配慮を怠らないようにしています。

Pasted Graphic

Pasted Graphic 1



三友歯科医院 村辺 均

私の考える歯科治療


1. できるだけ歯を抜かない

2. 咬合の安定が長期に保たれる

3. 見た目が美しいこと

4. 美しさを長期間保つことができる

5. 患者さんと共に一生付き合える人間関係を構築できること



三友歯科医院 村辺 均

私の治療方針と気になること

私たちは歯科医が目標にしている最高の技術の仕事がしたいとの思いで、25年ほぼ毎週休みなく、日本中そして海外へと出かけて研修を重ねてきた結果、多くの仲間と出会い沢山の師にめぐまれました。
しかし現在の保険治療にはその知識と技術を使うのに限界があり、特に冠、義歯にいたっては技工料金が10~20倍の格差、質は当然違いがあります。
患者さんには、納得できるものを適正な価格で提供したいと考えております。 絶対に作る人が違うと、適合精度、美しさ、歯肉との調和が違います。
十年後を考え、無駄なお金を使わない様にきちんとした治療をいたします。 一生付き合える関係であれば、一生もたせることも可能だと考えています 。

最近、私どもの歯科医院においでの何人かの患者さんで非常に迷惑しています。 来院をされる方は自分はなにを望んでいるのかをはっきりしていただきたいと考えています。 決して歯科治療は偶然、奇跡を信じてやっているわけではありません、いま抜かないといけない歯はあることも理解して下さい。
いちばん困るのは無断キャンセル、当日のドタキャンです。
商売をやってらっしゃる方はお分かりでしょうが、これは歯科医院にとっても腹立たしいことです。
また自分の注文した物をいれに来ない。 時間を空けたり、レントゲン画像などを見ながら診断をし治療計画を立てます。 この作業も時間がかかり大変なのです。
しかし、日本では知識はタダとおもわれていますがこれが私たちの財産なのです。 次のような場合診断でかかる費用は技工料だけでも18000円プラス税金です。
このようなことが全て無駄になってしまいます。
どうかひやかしで来られる方、キャンセルするのであれば予約をとらないで下さい。 私の所では口腔を単位に治療を進めています、もしどこかに歯周病があれば必ず再発します。 だからしっかりと診断していく事が必要なのです。 もちろん患者さんの意思を優先していきますが妥協は許されないのです。 鬼になって診断をしないと患者さんが鬼になって帰ってくるからです。

全ての治療に対して、写真、レントゲン等の資料を残し、かつ手術中にどのような処置をしたかということがすぐ分かるようなカルテを作成しております。

世界基準の治療を心がけ、世界の一流の先生方との情報を共有し交流を重ねて、これからの歯科治療に邁進していきたいと思っています。

義歯には義歯の、審美には審美の、それぞれの診断と治療が存在します。ローマは1日にしてならずという言葉があるよう、手を抜かない治療と継続したメンテナンスを心がけております。

これからも「スタッフの笑顔が絶えない診療所ですね」と多くの患者さんに声をかけ続けて頂けるよう、明るく、大きな口を開けて笑える歯科医院を目指してやっていきたいと思います。
なにとぞよろしくお願い致します。
 
 


三友歯科医院 村辺 均