審美・矯正・歯周病・インプラントのことなら最新の総合治療の三友歯科医院

 トラブル解決 〜 インプラント治療は総合力が問われます(前項より続きます)
総合力とは・・・

審美治療、歯肉再生治療・歯骨再生治療、そしてインプラント治療など経験と最新技術を総動員出来る力です
他院でのトラブル ー 歯科医不信・・・
Stacks Image 433
Stacks Image 440
Stacks Image 447
Stacks Image 473
Stacks Image 459
Stacks Image 464
Stacks Image 469
他院でのトラブル2 ー 他医院で手術後7日目の状態
Stacks Image 29977

下の歯になります。治療後から歯肉が後退しています。

Stacks Image 29979

切開した後が見えます

他院でのトラブル3 ー 歯肉の後退
Stacks Image 30047

下の歯の左の歯になります。
インプラント治療後に歯肉の吸収がみられます。

Stacks Image 30052
他院でのトラブル3 ー インプラントの位置と方向が悪い
Stacks Image 30083

近過ぎる

Stacks Image 30088

1本を埋入し、2本で施術し直す

トラブル4 ー 仮歯のままで治療を中途半端にした結果
Stacks Image 30128

上の歯、お客さまの都合で仮歯のままで治療を中断。

Stacks Image 30133

治療の中途半端にした結果抜歯に至った

トラブル5 ー 喫煙による失敗
治療期間中の喫煙はアメリカでは絶対に治療不可になります。
こちらの患者さんは、インプラントの治療中の喫煙により失敗になりました。
喫煙による末梢血管への血流の悪化は骨の形成が困難になるなどインプラント治療には致命的な結果になります。
Stacks Image 30163
Stacks Image 30168
Stacks Image 30174
インプラントの手術について

・当医院では安全性を第一に考え術前審査を行う上でCT(断層撮影)を必要があれば積極的に取り入れています。 ソフトはSimplantを使用しています。

・提携病院 レントゲン診断に関しましては鶴見大学放射線科と提携し無駄の無い必要に応じたレントゲン撮影と専門家による画像診断を行っております。

・世界で初めてUCLA小川隆広教授の研究でチタン(インプラント)が、エイジングし骨との接触率が低くなるという研究のもとに開発され世界で初めて、いち早く日本人3人の歯科医に機能化インプラントの方法の使用許可がおりました。 私もそのうちの一人に選任され骨接触率100%のインプラント治療の導入に踏み切りました。 そのノウハウは8年前からUCLAのBIO Materialの研究を支えて臨床的立場から基礎研究に貢献してきたお陰であると考えております。 そのお陰で短時間でより確実に患者様にインプラント手術が行える数少ない臨床医の称号を手に入れる事が出来ました。

・インプラント材料であるチタンは、時間とともに表面の性能が落ちていきます。つまり、チタンも人間も同じ様に年をとります。 詳しくは>>

・当院ではインプラント治療をより成功に導くために世界最先端技術を導入しています。 詳しくは>>

手術後の歯の無い期間がないように仮歯用インプラントを用いてできるだけ審美的機能的な面を考えて治療を進めて参ります。

Q&A

Q)インプラントが入っていると、MRIとか医科用CTに支障があるって聞いたんですけど、どうなんでしょうか?
また、前歯部インプラントが入っているとCTやMRIの画像がゆがむって聞いたこともあるんですけど?


A)ご安心ください。チタンのインプラントの場合は、MRIおよびCTとも問題ありません。ただ、インプラントの上物が金や銀合金の場合は、CTでは金属アーチファクトという現象が起こりますが、診断の妨げになる可能性は低いと思われます。
(診断に必要な部分と断層面が一致しない限り問題はありません。)

また、インプラントが入っているとCTやMRIの画像がゆがむという話ですが、一般に医科でインプラントというと体内に入れた金属の総称を指すことから、誤解が生じたものと思われます。
医科では体内に入った静脈クリップなどもインプラントと呼ばれ、それらがチタンではない場合は画像をゆがませる大きな原因になっています。歯科で使うインプラントはチタンなのでまったく問題はありません。

世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p169831_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

029-275-1188

Stacks Image p169831_n18
Stacks Image p169831_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
TEL029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市
    石川町
14-6 コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医