審美・矯正・歯周病・インプラントのことなら最新の総合治療の三友歯科医院

当院のインプラント治療について
Stacks Image 169721
世界水準とはどういうことを言うのか?

例えば、品質の信頼

私どものインプラント製品は世界で一番使われているメーカーのものを使用しております。世界で最先端でありジルコニアとチタンの合金のインプラントを使用しております。このメーカーを使用する利点は、品質ばかりでなく日本全国、全世界に患者さんが転勤や引っ越しされてもほぼどこでもメインテナンスやトラブル処置が安心して出来るということです。

歯周病・インプラント・矯正治療など実例解説

当院院長 村辺による、歯周病にまつわる矯正治療やインプラント治療の実態、そして治療後の経過など実例をふんだんに盛りこんだ解説をしております。

歯肉の再生手術、骨の再生など国内で稀な治療と最新の技術を駆使し患者さんの痛み、悩みの根絶に邁進しています。
Fit My Video Tag
インプラントが新しいステージへ

従来のインプラントは、チタンで出来ておりました。しかし強度の点で純正チタンではなく、チタン合金が使われておりました。欠点としては太さや長さを増すことで、骨結合を強固にすると考えていました。
しかし、欧米では、既にチタンとジルコニアの材質で作られている、Roxolidというマテリアルが使用されるようになりました。日本でもようやく本年2016年から厚生省の認可を取得でき、手に入れることができるようになりました。当院におきまして本年より全面的に本製品を使用することに致しました。

 従来の製品は、特許が切れてジェネリック医薬品と同様に誰でも真似て製品化出来るようになったので、格安製品が韓国などで生産されるようになってきました。しかし、Roxolidと同じような製品は格安では販売されません。
Roxolidの強度は24%増加し、骨結合も早くて強固であるという利点を備えており、従来よりも細くて短いインプラントの仕様が可能になっています。それ故、より安全で低侵襲で手術が行えるということです。

ぜひみなさんも、インプラント治療をされるのであればRoxolidと指定をされればと考えます。
Stacks Image 26850
まず質問です。
あなたはどんなインプラントを使用して欲しいですか?
 出来るだけ安いもの?

 出来るだけ
良い材質のもの?
Stacks Image 26890
当院では、世界で最も使われているインプラントを使用しております。

・NobelBiocare
・International Team for Implantology (ITI)

上記2社の製品を使用しております

 ー 世界のシェアーの約4割を占めています。

 ー 何かトラブルがあっても世界中で対応できる、

 ー 長期に安定している実績がある。

 ー 光機能化=チタンのエージングを元に戻す。骨との結合が良くなる。

*光機能化とは、インプラント治療における最先端技術で、インプラントが骨と接着する性能を飛躍的に高める画期的な技術です。
当院のインプラントの価格

 ズバリ! ¥400,000−(税抜き)

*この価格は、大学病院とほぼ同一です。
各治療法の利点・欠点

インプラントのメリット

Stacks Image 11852
  • 他の治療法と違う点は違和感を感じない
  • 天然歯と同様な感覚でものが食べられる  
  • 歯の働きがよみがえる          
  • 見た目が自然で美しい          
  • 自信、積極性の回復
  • 自分自身の歯の保護

インプラントのデメリット

Stacks Image 11879
  • 治療費
  • 歯科医の技量に左右される。
  • 治療時間が長くかかる
  • 痛み腫れを伴う

義歯のメリット

Stacks Image 11978
  • 外科的処置を伴わない
  • 簡単に作れるが、噛むのが難しい 

義歯のデメリット

Stacks Image 11989
  • キチンとした値段を出さなければ噛めない
  • 作り替えが前提条件

ブリッジのメリット

Stacks Image 12037
  • 従来よりの方法
  • 値段が多少安い

ブリッジのデメリット

Stacks Image 12048
  • 欠損が大きいと出来ない
  • 削るので次の問題を起こしやすい
インプラントと天然歯との比較
Stacks Image 12062

歯根膜によって、噛む際の「固いもの」「柔らかいもの」を判断しております。
インプラントには、その歯根膜がありません。天然歯とインプラントの大きな違いです。

インプラントの治療について
 インプラントの埋入
Stacks Image 12083
Stacks Image 12088
インプラントの施術の際、1回法と2回法がございます。

当院では、確実に骨との結合をさせるために2回法を選択している。

2回法では、インプラント体を埋入し、歯肉で完全に封入します。


1)インプラント体が、骨に固定される期間を待ってから、その頭を出して仮の歯を取り付けます。

2)その後、歯肉が治ってから、最終的な上部構造体を取り付けます。
 実際の2回法
インプラント体を埋入し、歯肉で完全に封入します
Stacks Image 12405
Stacks Image 12409
Stacks Image 12407
Stacks Image 12455
1)インプラント体が、骨に固定される期間を待ってから、その頭を出して仮の歯を取り付けます。
Stacks Image 12441
Stacks Image 12444
Stacks Image 12447
Stacks Image 12463
2)その後、歯肉が治ってから、最終的な上部構造体を取り付けます。
Stacks Image 12499
Stacks Image 12501

*完成し、装着6年後です。歯肉の後退もなく美しいです。

 インプラントをいつ入れればいいのか?
Stacks Image 12196
Stacks Image 12198

歯を抜いた後の骨の状態

下の写真をご覧ください。

a,bの部分です

唇側の骨は180日後には完全になくなってしまいます(吸収)。

右図で判るとうりインプラントの周りには骨が必要なのです。
ですから、骨が無くなる前に、なるべく早い時期にインプラントを入れたほうが楽に処置ができます。

*もしも無くなったあとですと、骨の再生、歯肉の再生などの処置が必要になります
 インプラントをいつ入れればいいのか? その2
Stacks Image 12244
Stacks Image 12247

お客さまのご都合で「もう少し様子を見ましょう」の結果

歯槽膿漏で歯が溶けて(吸収)、歯肉が大きく後退しております。

歯槽膿漏は、感染症です

放っておいて良くなるものではありません。

お早めの処置が肝要です。


*もしも無くなったあとですと、骨の再生、歯肉の再生などの処置が必要になります
Stacks Image 12317
Stacks Image 12307
Stacks Image 12310

治療をおこないました

インプラント、骨の再生などを行いました。

下の写真は、治療8年後のものです。

歯肉の後退などない、良い状態ですね。
インプラントの治療行程
 前歯のインプラント
Stacks Image 13811

施述前 2004・08・19

Stacks Image 13822
Stacks Image 13814

施述後 2008・01・18

Stacks Image 13817

施述後 2006・05・15

1)インプラントを埋める、骨の高さ、位置を正確に把握する。
Stacks Image 29676
Stacks Image 29678
Stacks Image 29692
1ー2)インプラントを埋める、骨の高さ、位置を正確に把握する。
Stacks Image 29734
Stacks Image 29740
1ー3)埋入位置は、最終補綴物より3mm下
Stacks Image 29762
Stacks Image 29796
Stacks Image 29765
1ー4)埋入位置は、唇側より2mm内側
Stacks Image 29832
Stacks Image 29830
Stacks Image 29822
2)インプラント体を埋入し、歯肉で完全に封入します
Stacks Image 29848
Stacks Image 29846
3)骨に固定される期間を待ってから、その頭を出して仮の歯を取り付けます。
Stacks Image 29868
Stacks Image 29871
Stacks Image 29888
Stacks Image 29891
Stacks Image 29899
Stacks Image 29914
Stacks Image 29917
インプラントの治療後の経過例
Stacks Image 310

施術前

Stacks Image 323

施術後8年経過

歯肉の安定性も保たれている

Stacks Image 1619
6年前の患者さんとのやり取りです。
メールでも気軽にお問い合わせ下さい。院長の村辺が、丁寧に対応致します!

世界標準だからこそ、日本中の優秀な転院先が紹介できます
  • 2015/10/15 15:40 池田様より

    お名前: 池田**
    E
    メール: *****@yahoo.co.jp
    件名: 転居後のインプラントメンテナンスについて


    メッセージ: こんにちは。メールでのご連絡失礼します。

    以前、そちらで治療を受け、インプラントを実施しました、池田**と申します。
    インプラントを入れたのは、2010年〜2011年初めくらいだったかと思います。

    その後、ひたちなか市から宮崎県日南市へ転居し、近くの歯科医院に行ったところ、
    今後、インプラントのメンテナンスをするうえで、インプラントの情報を聞いて、
    同じメーカーのものを使っている医院を教えてもらったほうがよいとのことでご連絡いたしました。

    そこで、以下の情報について教えていただきたく、ご返信のほどよろしくお願いいたします。

    ・インプラントの製造元
            種類
            直径?(長さ?)

    ・宮崎県(できれば都城市、宮崎市、日南市)で同じメーカを取り扱っている歯科医院
     
    あと、宮崎県内でメンテナンスなどをしてもらう場合、紹介状?はいるのでしょうか。

    お忙しいところすいませんが、回答のほどよろしくお願いいたします。

    --------------------------------------
    池田**
    090-****-****
    宮崎県日南市****(現住所)
    --------------------------------------
  • Date: 2015/10/16, Fri 12:03 村辺院長 返信

    Subject: Re: 転居後のインプラントメンテナンスについて

    遅くなり申し訳ありません。

    インプラント埋入日  H21.2,13
    二次OPE+歯肉移植日 H21,5,29

    ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
    ノーベルリプレイステーパードグルービー
    直径4.3  長さ13ミリ となります。

    宮崎県立日南病院にお願いしておりますので、ご都合の良い日で予約の方をお願いします。

  • 2015/10/16 14:32 池田様ご返信

    何度もすいません。
     
    県立日南病院を紹介頂き、家の近くではあるのですが、
    勤務先が都城市ですので、都城市で対応可能な歯科医院も
    教えて頂けると助かります。
     
    以上、お手数お掛けしますがよろしくお願い致します。
  • 2015/10/19 10:52 村辺院長 返信

    すみません、2010年なのでH22年です。
    病院は、また確認次第連絡いたします。


    追伸)

    On Sun, Oct 18, 2015 at 11:45

    都城市ですと
    都城医療センター  

    宮崎市内ですと、

     ・**歯科
     ・****歯科

    が良いと思います。
  • 2015/10/19 16:20 池田様ご返信


    池田です。
    お忙しいところありがとうございました。

    仕事帰りに行けるので、都城の方にいってみようと思います。
    インプラントを入れて5年くらい経ちますが、
    気になるところもなく入れてよかったと思ってます。
    長く保つためにメンテもしていきます。
    ありがとうございました。

    Outlook for Android より送信

Close
 インプラントの安全性

私のインプラントの患者さんで最高齢の方は85歳でインプラントにて下顎義歯を製作しました。
5年後の90歳になられて何の問題もなく経過しております。食の健康は全の健康へとつながるものと確信しております。

Stacks Image 402

85歳の患者さんでした

入れ歯とお別れし、インプラント治療

Stacks Image 29936
Stacks Image 29938

インプラント治療 →

Stacks Image 420

インプラント埋入

Stacks Image 29951
Stacks Image 411

5年後、90歳の状態

Stacks Image 29959

現在、95歳。とてもきれいな状態です。

インプラントの手術について

・当医院では安全性を第一に考え術前審査を行う上でCT(断層撮影)を必要があれば積極的に取り入れています。 ソフトはSimplantを使用しています。

・提携病院 レントゲン診断に関しましては鶴見大学放射線科と提携し無駄の無い必要に応じたレントゲン撮影と専門家による画像診断を行っております。

・世界で初めてUCLA小川隆広教授の研究でチタン(インプラント)が、エイジングし骨との接触率が低くなるという研究のもとに開発され世界で初めて、いち早く日本人3人の歯科医に機能化インプラントの方法の使用許可がおりました。 私もそのうちの一人に選任され骨接触率100%のインプラント治療の導入に踏み切りました。 そのノウハウは8年前からUCLAのBIO Materialの研究を支えて臨床的立場から基礎研究に貢献してきたお陰であると考えております。 そのお陰で短時間でより確実に患者様にインプラント手術が行える数少ない臨床医の称号を手に入れる事が出来ました。

・インプラント材料であるチタンは、時間とともに表面の性能が落ちていきます。つまり、チタンも人間も同じ様に年をとります。 詳しくは>>

・当院ではインプラント治療をより成功に導くために世界最先端技術を導入しています。 詳しくは>>

手術後の歯の無い期間がないように仮歯用インプラントを用いてできるだけ審美的機能的な面を考えて治療を進めて参ります。

Q&A

Q)インプラントが入っていると、MRIとか医科用CTに支障があるって聞いたんですけど、どうなんでしょうか?
また、前歯部インプラントが入っているとCTやMRIの画像がゆがむって聞いたこともあるんですけど?


A)ご安心ください。チタンのインプラントの場合は、MRIおよびCTとも問題ありません。ただ、インプラントの上物が金や銀合金の場合は、CTでは金属アーチファクトという現象が起こりますが、診断の妨げになる可能性は低いと思われます。
(診断に必要な部分と断層面が一致しない限り問題はありません。)

また、インプラントが入っているとCTやMRIの画像がゆがむという話ですが、一般に医科でインプラントというと体内に入れた金属の総称を指すことから、誤解が生じたものと思われます。
医科では体内に入った静脈クリップなどもインプラントと呼ばれ、それらがチタンではない場合は画像をゆがませる大きな原因になっています。歯科で使うインプラントはチタンなのでまったく問題はありません。

世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p169715_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

029-275-1188

Stacks Image p169715_n18
Stacks Image p169715_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close
Stacks Image 54097
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
TEL029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市
    石川町
14-6 コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医
Stacks Image p169712_n169331