三友歯科医院の治療方針

Stacks Image 170442
■私たちの目指す治療

 私たちの治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。 
 しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。 

※昨今問題の金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

三友歯科医院 院長 村辺 均

Open all Close all
  • 当院の治療について
    Stacks Image 170839
    当院の治療について


    全ての治療に対して、写真、レントゲン等の資料を残し、かつ手術中にどのような処置をしたかということがすぐ分かるようなカルテを作成しております。

    世界基準の治療を心がけ、世界の一流の先生方との情報を共有し交流を重ねて、これからの歯科治療に邁進していきたいと思っています。

    義歯には義歯の、審美には審美の、それぞれの診断と治療が存在します。
    ローマは1日にしてならずという言葉があるよう、
    手を抜かない治療と継続したメンテナンスを心がけております

    これからも「スタッフの笑顔が絶えない診療所ですね」と多くの患者さんに声をかけ続けて頂けるよう、明るく、大きな口を開けて笑える歯科医院を目指してやっていきたいと思います。なにとぞよろしくお願い致します。

  • 各種治療について
    Stacks Image 170849
    神経治療

    東京医科歯科大学から根管治療の専門医を迎えて、Endodontic treatment(神経治療の歯内療法) の治療を行えるようになったのも、進歩です。

    歯肉の再生・骨の再生

    最近では、骨が足りない、または他院で失敗した等の他の医院では治療できない患者さんも、紹介を通して多数来院されております。


    インプラント手術、麻酔

    インプラントでの治療範囲が広がったため、当院にはインプラント義歯の患者さんが多くいらっしゃいます。年齢の幅は20歳から90歳くらいまでと幅広くなっています。安全なインプラント手術が行えるよう、専門の麻酔医との連携を行い、手術を行っています。


    審美と矯正

    矯正は、審美歯科を進める上で、より美しくみせるために重要です。ただし、それだけでなく、歯の移動を行うことにより、より噛みやすく、より削るのを少なくするという目的で大変有効に利用できます。

    成人の矯正は、患者さんにとって苦痛を伴うこともあるのですが、やはり達成後の美しさと、その後のメンテナンスのしやすさ等も考え合わせていけば、欠くことのできない治療オプションであることは言うまでもありません。
  • 当医院の略歴
    Stacks Image 170859
    略 歴


    当医院では、一生義歯を入れないでも、違和感の無い、自然な歯と同様な機能を営める歯を保持することを目標に、診療を進めております。ここにたどり着くまで、様々なことがありました。

    卒業後

    私が日本大学歯学部を卒業してから、はや31年が過ぎました。現在の診療方針とは正反対のようにもみえますが、もともと私の専門は、義歯でした。そのため卒業後すぐに、義歯専門の先生に師事し、局部床義歯、全部床義歯等を学びました。その後、より深く義歯について学ぶため、南カリフォルニア大学有床義歯教授バーナード・レビンのもとへ留学をしました。

    開業してすぐ

    開業して25年目くらいまでは、義歯を患者さんに合わせることに焦点をあて、最高の義歯を作製することに没頭しておりました。

    Stacks Image 170867
    開業から20年

    ところがその後(約15から20年くらい前から)、私自身の経験、また時代に伴う歯科技術の向上も伴って 、歯科治療に対する考えが変わってきました。
    歯の移植を取り入れるなど、将来的になるべく義歯にしないことを目標に、歯をできるだけ抜かない治療を取り入れるようになったのです。

    このことには、南カリフォルニア大学留学中に、大学院生との抄読会に向けた調査の際にみつけた 文献中の
    「義歯の患者さんの60%以上が、義歯による何らかのストレスを感じている」という研究データが脳裏にあったことも、影響しているのかもしれません。

    そんな中、新たな挑戦に対面することになりました。義歯の支えになっている歯が折れたり、移植歯が吸収を起こしたりと、新しい治療法に関連して、それまでには発生しなかった新たなトラブルが発生することとなったのです。
    これが、
    矯正、歯周病治療、インプラント治療等の様々な現在の治療オプション開拓へとつながったのです。

    現 在

    こうして現在では、一生義歯を入れないでも過ごせるような歯を保てることを目的とした診療をしております。


  • 技術の向上のために
    Stacks Image 170877
    現在の診療を行うための専門的な研修

    審美の勉強

    歯周病学会、インプラント学会の会員として、毎年、年に3回アメリカで、歯周病、インプラント、審美治療を勉強しております。これは患者さんの、審美的要求に応えるためにも大変役立ちます。


    矯正の研修

    矯正に関しては、アメリカのピーター・ケスリングセンターで2回のコースを受講しました。その後も日本人医師と の勉強会に参加し、現在ではTip Edge矯正研究会の理事を務めております。


    インプラント、歯周病の研修

    インプラントと歯周病の治療については、JIADS (The Japan Institute for Advanced Dental Studies; ハーバード大学歯周病科Dr.ネビンスとDr.クレーマー両氏の考え方に基づいた、予知性を考慮した歯周病学の研修団体)でインプラントコース、ペリオコースを受講しました。その後も東京の勉強会に継続して参加しております。


    シンポジウム

    ノーベルバイオケア(全世界の35%から40%のシェアーを誇るインプラントメーカー)はシンポジウムを毎年開いています。

    昨年は3000人近い歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が参加しました。
    そのシンポジウムにて、私、魁である小宮山弥太郎先生、九州インプラントセンター長の中村杜綱先生と共に計3人で、シンポジウムの一日目の構成、司会を務めました。
    今年は「前歯の審美治療」と題した、アジアパシフィックシンポジウムに、コメンテーターとして登壇することになりました。
Stacks Image 171062
Stacks Image 171238

 医院案内

三友歯科医院 院長:村辺 均

電 話 
: 0120−62−0118
住 所 : 茨城県ひたちなか市石川町14-6 コルメ石川

所 属 : 
JIADS会員
      AO会員(米国インプラント学会)
      AAP会員(アメリカ歯周病学会)
      TIP EDGE研究会理事
      日本臨床歯周病学会認定医

院長略歴
 ・日本大学歯学部駿河台校卒
 ・2年間勤務医
 ・南カリフォルニア大学留学
 ・3年間福島県保原町の歯科医院勤務
 ・1984年当地にて開業(現在24年目)
 ・インプラント・歯周病
  ハーバード大学・ワシントン大学・カリフォルニア大学にて研修
 ・現在アメリカロマリンダ大学Dr.KANに師事
  年2回直接指導のため渡米
  • Stacks Image 170723
  • Stacks Image 170726
  • Stacks Image 170729

Choose a location
Head Office
茨城県 ひたちなか市 石川町14-6

 当院の実例


 スタッフ

Stacks Image 1404

院長 村辺 均

Stacks Image 170832

スタッフのみんな

Stacks Image 1408

村辺一家


Stacks Image 170572
私の歯科医院を支えてくれる仲間たちのご紹介

我々歯科医師は、自分以外の人の手を借りなければ仕事はできない。

どうしてか?

以前私が歯科医になりたての頃は、自分で技工をする人がたくさんいらっしゃいました。しかしいまのように専門職の人たちには到底かないません。

私とともに仕事をさせて頂いている歯科技工士さんは、全ての方が指導的立場に有り、全国、世界に出て講演をされるほど有名な技工士さんたちです

これらの技工士の方々と仕事ができるのを誇りにしております。


また全てで満足の行く状態でなければ、彼らは決して妥協してくれません。
型の取り方、削る量など、細かなチェックをしてくれます。これが綺麗で長持ちする秘訣です。

これからも妥協のない補綴物を作っていきます。 


 最新の設備を世界中より導入しております

エアフロー ワン 
New
Stacks Image 170951
オールインワンの歯面清掃ステーション
ステイン、早期歯石の除去
 清掃、研磨を1つの器械で可能に

・歯肉縁下のバイオフィルム除去
・4-9㎜の歯周およびインプラント周囲ポケット
・歯周炎・インプラント周囲炎の予防
・歯肉炎・インプラント周囲粘膜炎の初期および継続治療

エアフローワンは、世界中の歯科医師や歯科衛生士の方々のご協力を得て100,000時間以上を技術試験、臨床試験に費やし、EMSのスイス本社にある研究開発センターで開発されました。

*茨城県央・県北では当院が初導入(2019)
マイクロスコープ 
Stacks Image 171207
マイクロスコープ導入
精密で確実な治療を心がけるため、2010年5月 から新しく、ドイツのカールツアイス社のマイクロスコープ(顕微鏡)を使った治療が行えるようになりました。
微細で丁寧な治療、神経治療などに威力を発揮します。

■マイクロスコープについて

最近、
「マイクロスコープを使っているのにどうして安いんだ?」
という声が聞かれます。

私はどうしてだろうと考えました。
マイクロスコープは道具です。ピンセットやミラーと同じと考えています。精密な施術をするために使う道具ですから通常いつでも私には必要なものです。お金を払う人だけに使うものではないのです。

例えば、眼科に行ってマイクロスコープを使わないで手術ができるでしょうか?
目の細部まではわからないと思いますがいかがでしょう?


特別な治療として初めは費用を取っていても、使い出したら全てで使用するようになってくる道具であると考えています。マイクロスコープを使っているような先生は全員が同じように考えていると思いますがいかがでしょうか?


多分、世界を探しても日本のようにマイクロスコープは使われていません。


マイクロスコープと拡大鏡の一番の違いは、倍率が変えられることです。すこし数値は違いますが、私の使っているマイクロは4倍から25倍まで5段階に変えられます。このように道具ですから、倍率も使う場合により異なります。

ラバーダム 
Stacks Image 170966
ラバーダム
神経や根管治療などの際にに装着する、ゴムのコートのようなものです。

これを装着しないと唾液の侵入を防ぐことができます。
これによって虫歯などの再発を防ぐことが可能になります。

本来、歯科医院とは、患者さんと向き合って、お互いが理解して、最高水準の治療をするところです。
当院は決して高級な治療を求めているのではなく、
世界標準の歯科治療を進めることを目標としています。

たとえば、歯の神経の治療は世界の専門家はラバーダムを使用して治療することが常識ですが、保険では認められてはいません。国内のほとんどの歯科医院でラバーダムをやる人はほとんどいません。

あるいは、金属を入れるにしろ、白い詰めものを入れるにしろ、確実に歯の神経や歯肉の状態を管理して、妥協のない型を取りマイクロスコープで確認して、最終の補綴物(ほてつぶつ=冠)を作ってもらうからこそ、長く保つものが完成します。

当院では、妥協の産物を作りません。
保険の適用のあるなしにか関わらず、すべて世界標準、最新の技術、工程で治療を行っております。
当院の特徴は、保険治療適用外になる機材と技術を惜しみなく投入致します。
つまり、例えるならば、家を建てるときの基礎工事。これは耐震どころか最新の免震構造!

ただし載せるのは、在来工法なのかプレハブなのかRCなのか?
費用の差は、使用する材料費の違いになります。

 
断層撮影機 
Stacks Image 170980
本格的な断層撮影機を導入しました
0.1mm幅という超微細な骨の診断まで、当院ですぐにできるようになり、 一層精度の高い診療が素早く行えるようになりました。

CTレントゲンの導入によりインプラント診療なども、より安全・確実に。

ぜひ本格的CTを使った歯科ドックを受診されてはいかがでしょうか?
滅菌機 
Stacks Image 170992
滅菌機 ClassB
新規導入した滅菌機

チューブの中まで滅菌が可能になる
洗浄器 
Stacks Image 171004
酸素の力で汚れを除染!
薬剤を使用しない次世代スタンダードの除染・消毒のための洗浄器です。

高信頼性の医療用洗浄器を導入しました。この洗浄器は、紫外線と活性酸 素とのダブル効果で、
歯科技工物などの表面に付着した汚れや微生物まで徹底除染・消毒ができる画期的システム

手術器具用や麻酔器具用としても頼もしい効果を発揮します。
空気清浄機 
Stacks Image 171016
光の除菌で、空気すっきり
紫外線ランプで一般の細菌を除去。クリーンな環境をつくります。

エアーリアは、室内の空気を取り入れて紫外線ランプで菌を抑制し、清潔な空気を送り出す除菌装置です。紫外線ランプは装置内部に組込みのため安全で、また床置き仕様なので簡単に設置や移動が行えます。

 NEWS


世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p170403_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

0120-62-0118

Stacks Image p170403_n18
Stacks Image p170403_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
電話029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市石川町14-6
    コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医