審美・矯正・歯周病・インプラントのことなら最新の総合治療の三友歯科医院

世界水準とはどういう事か?

世界水準とはどういう事か?


■虫歯について

歯を削って型を取る前に、仮の歯を作ることで歯肉の状態やかみ合わせを確認し最終の型はシリコン印象材を用いて行ない、できた冠の適合の確認もレントゲンを撮影して確認をする。此のようなことは歯科医療においては常識ですがなかなか現実にはやられていません。
歯を削る時の目的としてマージンという歯肉の上で削った面を留めるのか、歯肉の下まで削るのか、色々考えがありますが、前歯に関して言えば歯肉より下まで削らなければきれいな前歯ができません。しかし削る時に4歯肉を傷つけたりする事のないように一層糸を歯肉の中に入れることでできるだけ歯肉を傷つけないようにします。この様に歯を削るときにもできるだけ出血をさせない工夫をしております。
小さい前歯の虫歯をできるだけ目立たなように詰めるには一5種類のペーストでは出来ません。それは光の遮断をするためのペーストと色を出すペーストの最低2種類のペーストを用いなければいけません。しかし実際には一種類しか 用いることしか出来ないという制度があります。しかし当院では、全ての患者さんに平等に同じ材料を使っております。

■口腔単位で行なう治療

治療方針としては、お口の中は全て上下左右は関係していると考えております。
もしどこかに歯周病がある場合インプラントの処置は出来ません。失敗する確率が高いからです。
またかみ合わせが左右で狂っていたりするとブリッジや冠などを作っても歯が邪魔して噛めないという問題がでてきます。此のようなことが起こらないように全体を見て治療計画を立てる必要があります。
矯正治療などをうまく組み合わせていくことにより歯を削らない、歯並びが良くなれば歯ブラシがしやすくなり虫歯などを作らない事で予後の安定につながります。

審美歯科考察

審美歯科考察

最近、どこの歯科医院でも「審美歯科」を謳い文句にしています。
実際には、どのようなことを行っているのでしょうか?

一般の人は、審美歯科に対して、白い歯を意味していると思います。
しかしすべての歯を直すのであれば同じような色を同一に使います。
しかし1本2本などの歯を直すのであれば、いかに周りの歯の色と合わせていくのかがポイントになります。

そこで、歯の色を合わせるために必要なのがカメラです。
カメラを使い色合わせの見本をずれなく撮影するのが技術です。

当院では記録のための写真と審美歯科のための写真をカメラやレンズ、光の調整をして撮影をしております。

また表情の変化が歯を直すことでかわる事も経験しています。
此のように審美歯科は、とても奥深く難しいことです。単に歯の色を白くするだけではなく、解剖学的に白い色をいろいろと表現していきます。

真の審美治療のために

straumann FORUM2016

Straumann FORUM

5月28日土曜日

セッション3 エムドゲインの新たな展開

スピーカーとして
当院院長
DR.村辺参加しました。




13239061_1148345658530016_2357619150057466456_n


13254505_1203966066300283_7701296258678749536_n


13312667_1203966072966949_6660485976174928953_n


13315367_1148318668532715_7450677513532090749_n


スクリーンショット 2016-05-17 10.19.33


straumann FORUM2016 スピーカーとして 当院院長DR.村辺参加します!

【お知らせ】

Straumann FORUM

5月28日土曜日

セッション3 エムドゲインの新たな展開

スピーカーとして
当院院長
DR.村辺参加します!

2016年05月17日19時55分27秒_001


2016年05月17日19時55分27秒_002 2




マイクロスコープについて

マイクロスコープについて

最近、

 「マイクロスコープを使っているのに、どうして安いんだ?」

という声が聞かれます。


私はどうしてだろうと考えました。
マイクロスコープは道具です。ピンセットやミラーと同じと考えています。精密な施術をするために使う道具ですから通常いつでも私には必要なものです。お金を払う人だけに使うものではないのです。

例えば、眼科に行ってマイクロスコープを使わないで手術ができるでしょうか?
目の細部まではわからないと思いますがいかがでしょう?


特別な治療として初めは費用を取っていても、使い出したら全てで使用するようになってくる道具であると考えています。マイクロスコープを使っているような先生は全員が同じように考えていると思いますがいかがでしょうか?


多分、世界を探しても日本のようにマイクロスコープは使われていません。


マイクロスコープと拡大鏡の一番の違いは、倍率が変えられることです。すこし数値は違いますが、私の使っているマイクロは4倍から25倍まで5段階に変えられます。このように道具ですから、倍率も使う場合により異なります。

インプラントが新しいステージへ

インプラントが新しいステージへ

従来のインプラントは、チタンで出来ておりました。しかし強度の点で純正チタンではなく、チタン合金が使われておりました。欠点としては太さや長さを増すことで、骨結合を強固にすると考えていました。

しかし、欧米では、既にチタンとジルコニアの材質で作られている、
Roxolidというマテリアルが使用されるようになりました。日本でもようやく本年から厚生省の認可を取得でき、手に入れることができるようになりました。当院におきまして本年より全面的に本製品を使用することに致しました。

従来の製品は、特許が切れてジェネリック医薬品と同様に誰でも真似て製品化出来るようになったので、格安製品が韓国などで生産されるようになってきました。しかし、Roxolidと同じような製品は格安では販売されません。

Roxolidの強度は24%増加し、骨結合も早くて強固であるという利点を備えており、従来よりも細くて短いインプラントの仕様が可能になっています。それ故、より安全で低侵襲で手術が行えるということです。
ぜひみなさんも、インプラント治療をされるのであればRoxolidと指定をされればと考えます。

歯科医の役割り

60歳以上の方1000人にいま最も後悔をしている事というアンケートをした結果。
なんと
「歯を大切にしておけばよかった」が一位でした。
歯は死なないからいいや、とか食べられるからいいや等、若いころには考えてしまいます。


人生の目標は今、PPKといわれています。これはピンピンコロリの略です。この人生最大の目標を達成するには、口から物が食べられるという単純なことが挙げられます。

もう一つ、言葉が喋れる。つまり聞く側が判る構音機能が口腔にはあります。この様に幸せに生活するには欠くことのできない役割があります。もちろん歯がないひとを見たらあなたはどういう判断をされますか?


胃がんの手術をする、大腸がんの手術をすると同じ人生を長生きさせると同じ意味を持つと考えております。できるだけきちんとした物を長く責任をもって処置をしていくことを心がけています。


老後、入れ歯とインプラントどこが違いますか?
もしあなたが介護になった時食事をするときや就寝時入れ歯をしないでいると誤嚥性肺炎を引き起こす原因になってしまいます。年齢が高くなってくると死因の上位に肺炎が出てきます。


ではインプラントはどうでしょうか?
歯ブラシができれば必ず長く保つと考えます。ぜひ口腔ケアをしている施設を選んでください。この様に人生を楽しく過ごすためにも歯の検診をおすすめします。

【当院で保険の合金を使いたくない理由】

欧米では、パラジュウムは機能的強度は優れおり金合金に匹敵しますので、歯科合金は、金、白金、パラジウムが75%以上ないと科学的に安定せず、お口の中で溶け出してくる、と言われています。

保険適用の金合金は、金+
32%パラジュウムですから安定した金合金とは言えません。金、銀、パラジュウム合金は金属アレルギーを起こす可能性のある金属の1つです。

ヨーロッパなどでは、お口の中に使われないものなのです。

金合金の安価な代用品として日本だけで使われている歯科用合金なのです。

★アレルゲンになりやすい金属    安全な金属

 1位  水銀            1位  銅
 2位  ニッケル          2位  亜鉛
 3位  錫             3位  金
 4位  パラジウム         4位  銀

以上の理由により、当医院ではできるだけパラジウムを使うことをお勧めしません。


file000972175181


*ものとしての理由ですが他に適合性などの理由も加味されます。

 
*ジュエリー業界でも20年以上前は白く美しいので大変流行ったそうですが、パラジュウムは1定以上の良は使われなくなってきました。
最近ではホワイトゴールドの装飾品の中に25%ほど含まれているそうです
 

世界最先端技術を採り入れております

スクリーンショット 2014-01-29 14.59.24

スクリーンショット 2014-01-29 14.59.43

歯周病について

歯周病について


貴方の先生は、歯周病の原因菌と言われている4つ細菌を知っていますか?
歯周病は細菌感染です。
その細菌をターゲットにした治療を進めなければ、ただハブラシをしているだけでは治りません。 歯科医院に行って、虫歯、歯周病,いろいろ検査をします。

治療終了時にもう一度検査をしてもらっていますか?
やはり歯周病の検査を行って深いポケットが治っていない・・・

何のための治療検査だったのでしょうか?
貴方の先生は歯周病治療を何かしましたか????
衛生士さんが歯ブラシ指導、スケーリングをして先生はただ見ているだけ?

これでいいのですか?

貴方の手、足、体,が膿で腫れていても気になりませんか?
口の中に膿がたまり腫れていても気にしない人が多いのです。
なんかへんですよねーーー!

私の歯科医院に来院された患者さんです。
ある歯科医院に通院しているがまだ、腫れているのに「次回で治療を終わります」と言われたそうです。
原因菌にめがけた投薬とスケーリング、ループトレーニングをしてようやく3ヵ月後に外科処置をして骨の再生が出来る準備が出来ました。


三友歯科医院 村辺 均