審美・矯正・歯周病・インプラントのことなら最新の総合治療の三友歯科医院

 月刊みと 誌上クイズの解答です!
Stacks Image 4979
ー問題ー

「ブリッジの間に物が詰まるようになった」

どうしたらよいか?
●解説

歯を失ってしまいそこに両端の歯を削ってブリッジをしたなど被せ物にして何年かごにそのような症状が出てきます。

どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょうか?
 

これは歯のないところと歯肉との関係になります。
歯のないところの偽の歯をダミーと呼びますが、そのダミーの下の部分の形態によりこのような症状を発症してしまいます。
参考資料
Stacks Image 1951

*理想的なダミーの形態は右になります

 実例研究

1)歯にモノが詰まる相談を受ける

Stacks Image 1961

2)歯がない状態ダミーの形を考える

Stacks Image 1965

3)治療後;理想的な形態で詰まることはありません

Stacks Image 1969
歯肉に接触する材質についても考える必要があります。
接触部は必ず
生体親和性に富んだ物質でなければなりません。

ぜひ、このような状態の方は相談して下さいお待ちしております。
私たちの目標
治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。 しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。
一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。
私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要
三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
TEL029-275-1188
 MAIL:お問合せ
 住所:茨城県ひたちなか市
    石川町
14-6 コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医