●歯科にかかる時の注意点

当院に限らず様々な事例がございます。

「こんなことがあるの?」というところを解説致します♫

他院でのトラブル例:インプラントの配置が近過ぎる

Stacks Image 170532
Stacks Image 170536
Stacks Image 170534

インプラントがあまりに近すぎております。

そこで、当院では、左端を埋めて、右の2本で治癒を致しました。
これは、
「治療計画」に問題がございますね。

当院でのトラブル例:喫煙によると考えられる失敗

Stacks Image 170562
Stacks Image 170586
インプラントを施術する祭に、喫煙者、糖尿病、骨粗しょう症の方にはリスクがあるといわれております。これは、抹消部分に血液の循環が滞ることで、骨とインプラントの接着に問題が生じると考えられているからです。

右の事例でもそうです。
インプラントが骨に接着しない事態になっております。

類例:喫煙による母子感染

Stacks Image 170606

母親:歯肉にメラニン沈着が見えます。

抹消への血液循環がよくありません。

Stacks Image 170610

子供:徐々に歯肉にメラニン沈着が見えます。

当院でのトラブル例:原因不明の歯肉の後退ーーー遺伝の問題なのか?

Stacks Image 170646
Stacks Image 170649
Stacks Image 170652

当院で、12年前に右の状態より、左のように施術。その後、10年メインテナンスを続け維持していたものが。

Stacks Image 170657

12年後には、骨の吸収が見られます。つまり、歯を支える骨の後退です。
原因が全くの不明の症状です。

インプラント周囲炎1

Stacks Image 170689

矢印部位のインプラントの喪失、骨欠損が下顎神経に近いために治療が困難

 → インプラント周囲炎

Stacks Image 170691
Stacks Image 170693

骨の再生、骨造成を施す

Stacks Image 170697
Stacks Image 170699

約7ヶ月後新しくインプラントを入れた

インプラント周囲炎2

Stacks Image 170707

インプラント埋設後:良好な状態

Stacks Image 170921
Stacks Image 170713

インプラント周囲炎により、骨の喪失

Stacks Image 170717
Stacks Image 170719

●骨の再生処置

インプラント周囲炎には、歯周病の対策。
歯ブラシできっちり磨くなどが不可欠である。

Stacks Image 170729
Stacks Image 170732

治療後1年

インプラント周囲炎2

Stacks Image 170741

インプラントの亀裂:原因は歯ぎしりによるもの。対策は、「ナイトガード」の装着

原因不明:唾液が少ない? 噛み癖のせいなのか?

Stacks Image 170808

治療前

Stacks Image 170806
Stacks Image 170784

歯肉の状態も良い

Stacks Image 170782

仮歯で経過をよく見ていた

Stacks Image 170790
Stacks Image 170793

治療後

Stacks Image 170798
Stacks Image 170801

治療後4年:前歯が動く、かみ合わせがおかしい

原因不明:唾液が少ない? 噛み癖なのか?

歯ブラシの時に歯肉が痛い

Stacks Image 170817
Stacks Image 170820
Stacks Image 170823

矯正後に歯が戻ってしまう

Stacks Image 170840

治療前

Stacks Image 170843
Stacks Image 170846

治療後

Stacks Image 170856

治療後

Stacks Image 170861
Stacks Image 170864

治療後の後戻り

Stacks Image 170871

透明なリテーナーを夜、就寝中に装着して再矯正

24年後の再治療:歯肉の再生とセラミックによる再生

Stacks Image 170880

24年前:治療前

Stacks Image 170885
Stacks Image 170888

治療後:歯肉の再生+ブリッジで処置

Stacks Image 170895

24年後、前歯の破折で再生希望

Stacks Image 170900
Stacks Image 170903

歯肉の再生+オールセラミックで再生

Stacks Image 170909

透明なリテーナーを夜、就寝中に装着して再矯正

世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p170424_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

029-275-1188

Stacks Image p170424_n18
Stacks Image p170424_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
電話029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市石川町14-6
    コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医