審美・矯正・歯周病・インプラントのことなら最新の総合治療の三友歯科医院

 矯正治療について
Stacks Image 170179
世界水準とはどういうことを言うのか?

矯正治療

矯正治療も私は同様に考えております。
できるだけ歯を抜かない治療を心がけています。それには歯列の拡大を行ないスペースを作り歯を並べていきます。

適応症は子供の矯正から大人の矯正に至るまで行ないます。範囲は全体から部分に至るまで必要があれば行ないます。もちろん80歳以上の方歯周病ではが動いてしまった人にも行ないます。7矯正をしたくても骨がなければ刃を動かすと歯肉が下がったり、抜ける可能性もあります、其のようなときには最初に骨を作ってからはじめます。

方法は子供の矯正では機能的な装置をつけて顎の骨を成長させたり、顎の位置を修正したりします。

歯周病では歯の位置が移動していたりする症例や歯肉の中に埋まっている歯を出したりして治したりすることにより抜歯を減らしていくのに有効であります。
これらはどれが欠けても永くは持ちません。又キレイにも出来ません。

申し訳ありませんが当院では今までのようにすぐ取れるすぐダメになる歯科治療から脱皮していこうと考えております。妥協のない歯科治療をめざしておりますのでよろしくお願いいたします。
最新治療事例
世界レベルの治療法を惜しみなく投入している当院の最新治療例です。2016年版
CT(断層写真)+CAD+3Dプリンタを活用した新しい治療方法。2017年版
透明、自分で取り外し可能、しかも快適という最新のインビザラインも取り扱っております>>>
Stacks Image 11420
 歯周病の治療、歯を抜く事なく矯正
Stacks Image 170192

施術前

Stacks Image 170197

施術後

Stacks Image 170203

施術前

Stacks Image 170208
Stacks Image 170220
Stacks Image 170215
Stacks Image 170256

矯正:歯の位置を治す 6〜7ヶ月

Stacks Image 170258
Stacks Image 170263
Stacks Image 170265

1)歯周病治療 2)矯正 3)インプラント 4)冠をかぶせる

歯を抜く事なく治療。

 矯正・・・骨造成を施してからの矯正・冠
Stacks Image 170438
Stacks Image 170440
Stacks Image 170442

GBR(骨造成)によって、骨を作る → 土台を太くしっかりさせる

Stacks Image 170446
Stacks Image 170448

矯 正

Stacks Image 170452
Stacks Image 170457
Stacks Image 170459

矯正後に、冠をかぶせて13年後。しっかりとしている。

 抜かない矯正・・・あなたはそれでも歯を抜いた矯正をしますか? 事例
Stacks Image 170338

施術前

Stacks Image 170343

施術後

Stacks Image 170349
Stacks Image 170397

時間がかかるところだけブラケットを着ける

Stacks Image 170399
Stacks Image 170401

その後オペラグラスで治療。

 抜かない矯正・・・あなたはそれでも歯を抜いた矯正をしますか? 事例
Stacks Image 170274

施術前

Stacks Image 170279

施術後

Stacks Image 170285
Stacks Image 170290
Stacks Image 170293
Stacks Image 170297
Stacks Image 170302
Stacks Image 170305

*歯を抜くことなく、アゴを広げる矯正で、舌房が広くなる

Stacks Image 170311
Stacks Image 170316
Stacks Image 170319

矯正治療後、顎の緊張もなくなり綺麗になりました

Stacks Image 170325
当院の矯正治療はできるだけ歯は抜かない。これが大原則です。

舌房をできるだけ狭めない。この2つを目標にしています。
 抜かない矯正・・・あなたはそれでも歯を抜いた矯正をしますか?
オペラグラスによる矯正です。
半年ぐらいで、かなり良くなってきました。


●オペラグラスとは・・・

インビザラインを独自に開発したもので、安くできたり一度に全ての歯に力がかけられるのが特徴の治療器具です。
Stacks Image 170159
Stacks Image 13151
Stacks Image 13156
Stacks Image 13167
Stacks Image 170164
Stacks Image 170167
Stacks Image 170171
当院の矯正治療はできるだけ歯は抜かない。これが大原則です。
 抜かない矯正・・・あなたはそれでも歯を抜いた矯正をしますか?
Stacks Image 170094

施術前

Stacks Image 170099

施術後

Stacks Image 170105
Stacks Image 170110
Stacks Image 170113
Stacks Image 170117
Stacks Image 170122
Stacks Image 170125

*歯を抜くことなく、アゴを広げる矯正で、舌房が広くなる

Stacks Image 170131
Stacks Image 170136
Stacks Image 170139

*アゴを広げる矯正ですが、出っ歯になることなく、
アゴの緊張がほぐれて綺麗なラインになっています。

Stacks Image 170145
当院の矯正治療はできるだけ歯は抜かない。これが大原則です。

舌房をできるだけ狭めない。この2つを目標にしています。
 抜かない矯正・・・あなたはそれでも歯を抜いた矯正をしますか? 事例2
Stacks Image 13510

施術前

Stacks Image 13515

施術後

Stacks Image 13521
Stacks Image 13526
Stacks Image 13529
Stacks Image 13533
Stacks Image 13538
Stacks Image 13541

*歯を抜くことなく、アゴを広げる矯正で、舌房が広くなる

Stacks Image 13545
Stacks Image 13550
Stacks Image 13553

矯正治療後、顎の緊張もなくなり綺麗になりました

Stacks Image 13557
当院の矯正治療はできるだけ歯は抜かない。これが大原則です。

舌房をできるだけ狭めない。この2つを目標にしています。
患者さんは中学生です 犬歯の矯正です
Stacks Image 743

治療方針:成長を活用し、ワイヤーとの併用

Stacks Image 816
Stacks Image 751

1)治療開始

Stacks Image 754

2)ほぼ良い状態になってきた

Stacks Image 764

3)犬歯は歯列の中に入ってきた

Stacks Image 769

3ー1)犬歯は歯列の中に入ってきた

アクアシステムによる治療

治療前

Stacks Image 850
Stacks Image 853
Stacks Image 856

治療方針:アクアシステムによる治療

アクアシステムとは

透明なシートDuranにより数段階に作製された装置を24週間ごとに交換して、目的とする位置まで歯の移動を行うものです。
紫根からの改善が出来る
エナメルホワイトニングができる
歯列の拡大(縮小)ができる
上下歯列の近遠心的改善ができる
下顎の偏位の改善ができる
外からはほとんど分かりません
Stacks Image 868
Stacks Image 875
Stacks Image 896
Stacks Image 903
Stacks Image 906
Stacks Image 913
コルチコトミーを用いた矯正治療
●コルチコトミーとは
 ーーー 外科的治療を用いた矯正治療です
Stacks Image 779
Stacks Image 782
Stacks Image 801

下の歯

Stacks Image 804

上の歯

治療方針:コルチコトミーを用いる ーーー 8ヶ月後

Stacks Image 814
Stacks Image 790
Stacks Image 795
Stacks Image 812
ブラケットやワイヤーを用いない
透明な膜を用いた治療
Stacks Image 844

初診時

Stacks Image 847

経過:透明な膜を用いた治療

治療方針:透明な膜を用いる ーーー 7ヶ月後

Stacks Image 860
Stacks Image 873
学童期の患者さん

治療前

Stacks Image 883

治療後

Stacks Image 886
Stacks Image 827

治療方針:学童期の子供たちの矯正は出来るだけ歯を抜かないで行う

Stacks Image 890
Stacks Image 895
Stacks Image 921
Stacks Image 926
Stacks Image 899
Stacks Image 912

治療後の笑顔

小児の患者さん

治療前

Stacks Image 977
Stacks Image 981
Stacks Image 979

治療方針:歯列と顎の位置を治す装置

Stacks Image 942
Stacks Image 947
Stacks Image 985
Stacks Image 989
Stacks Image 995
Stacks Image 992

世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p170080_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

029-275-1188

Stacks Image p170080_n18
Stacks Image p170080_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close
Stacks Image 54041
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
TEL029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市
    石川町
14-6 コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医