審美・矯正・歯周病・インプラントのことなら最新の総合治療の三友歯科医院

 審美治療について

審美治療とは?

Stacks Image 3367
審美歯科とは、「美しさ」「機能」に焦点を当てた、総合的な歯科医療のことです。
歯には
美的な側面と、機能的な側面があります。

●ただ噛めればいいのか?

●噛み合わせを放っておいてただ白ければいいのか?

両方を追求したいですよね。
その両面に焦点を当てて、健康と美しい笑顔を求めることが審美治療です。

審美治療には、多様な技術の応用、そして長年の経験がモノを言います。
Loading…
Loading…
Stacks Image 170057
世界水準とはどういうことを言うのか?

審美歯科について

審美歯科治療とは何か、変色した歯や虫歯になった歯の被せ直しをして色を白くする事を審美歯科とうたっているところがありますが、私は、それは審美歯科の一部であると考えます。
審美歯科とはピンク色の歯肉の部分と被せ物の白い部分そして被せ物が唇や笑顔がいかに調和しているかなど全てを合わせて審美歯科と言います。歯肉のラインの対象性もポイントになります。天然歯において歯肉移植することでは肉の対称性を造り被せ物をスルことは非常に重要なことです。もちろんインプラントに置いても同様です。特にインプラントの前歯は歯肉のラインが異なるといまの世界基準からすると失敗です。

これには写真が重要な位置を占めております。

写真は色を技工士さんに伝えていく情報には欠かせないものになります。また表情や唇とスマイルとの調和を伝えて歯の長さや形などを評価するのに必須な道具です。

私のところではキャノンは資料作りや外科処置を撮影する際に用い、審美歯科で要求される色や形などにはニコンのフルサイズカメラを、光量調節をしてレンズを2種類使い分けて撮影しております。これが世界水準の審美歯科治療です。

 審美治療 事例

レジン充填

Stacks Image 170101
Stacks Image 170104
レジン充填では、色合わせなどを考慮して複数のレジンを使い分けます。

1)光の遮断 2)上塗り 3)ステイン(より自然に)

冠をかぶせた時に美しい仕上がりのために

Stacks Image 170073
Stacks Image 170075
傷がつかないように歯肉の下まで削り込んでいくために歯と歯肉の間に糸を入れて削っていく。

黒い糸で歯肉を下げる → より深く削る事で、より美しい仕上がりを目指す

*普通に削ったのでは、冠が見えてしまい美観を損ねてしまう
Stacks Image 170080
Stacks Image 170083

冠の色を整え、歯肉の対称性を整える

Stacks Image 170122

初診時

Stacks Image 170127
1)冠を装着しました。

2)冠の色を整える

2)歯肉の対称性を整える
Stacks Image 170139

金属により歯肉にイオンが染み出して歯肉の色が黒くなってしまったケース

Stacks Image 170007

初診時

メタルタゥーと言われる保険で使われている金属により歯肉にイオンが染み出して歯肉の色が黒くなってしまったケース

Stacks Image 170012
1)外科的に色素の部分を取り除く

2)歯肉の色を元の色に変える

3)冠を装着しました。
先ほどの保険適用のメタルは、健康被害などがあることがわかっていますので当院では今はやっておりません。

また読売新聞にこのような記事が出ています。

国民皆保険で全てのことが保険で賄えるということは、やってもやっても歯周病や虫歯が治せないということである。
Stacks Image 170041

読売新聞より

Stacks Image 170030

歯の美しさはもちろん、歯肉の美しさもこだわっております
Stacks Image 7643

初診時

Stacks Image 7648

歯が割れていて抜かなければならない状態

Stacks Image 7663
Stacks Image 7668
歯を抜いた。
抜いた時に骨や歯肉の吸収を抑えるために使うテルプラグ《保険適応なし》を用いた。
Stacks Image 7678
Stacks Image 7683
色や形にこだわって抜いたところがわからないようにオールセラミックで修復
歯肉もきれいな状態で、抜いたところがどこなのかわからない。
Stacks Image 7654

1)欠けてしまった歯の治療

Stacks Image 1233

施術前

Stacks Image 1238

割れた歯の接着

Stacks Image 1244

2)下の歯をきれいに揃える ー 矯正治療

Stacks Image 1340

施術前

Stacks Image 1344

矯正完了

Stacks Image 1342

施術中

Stacks Image 1354

施術前

Stacks Image 1255

下の葉も揃い美しい仕上がり

Stacks Image 1261

矯正+歯肉移植+α

1)治療方針:矯正+歯肉の退縮があることから歯肉移植

Stacks Image 1672

移植前

Stacks Image 1677

治療・移植後
歯肉の移植後オールセラミックを装着
歯肉の移植により退縮を防ぐことが出来る

Stacks Image 1683

2)治療方針:下前歯にラミネート装着

Stacks Image 1689

治療前

Stacks Image 1694

ラミネート装着

Stacks Image 1700

 矯正+プロビジョナルによる審美治療(1)
Stacks Image 1029

治療開始

Stacks Image 1034

矯正+プロビジョナル

Stacks Image 1040

 矯正+プロビジョナルによる審美治療(2)
Stacks Image 1358

治療前

Stacks Image 1363

矯正+プロビジョナル

Stacks Image 1369

 ラミネートによる審美治療
Stacks Image 1382

前歯のスキマが気になる

Stacks Image 1387

ラミネート装着

Stacks Image 1393

世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p169999_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

029-275-1188

Stacks Image p169999_n18
Stacks Image p169999_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
TEL029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市
    石川町
14-6 コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医