審美・矯正・歯周病・インプラントのことなら最新の総合治療の三友歯科医院

 世界水準の最高のパートナー
Stacks Image 1047
私の歯科医院を支えてくれる仲間たち

我々歯科医師は、自分以外の人の手を借りなければ仕事はできない。

どうしてか?

以前私が歯科医になりたての頃は、自分で技工をする人がたくさんいらっしゃいました。しかしいまのように専門職の人たちには到底かないません。

私とともに仕事をさせて頂いている歯科技工士さんは、全ての方が指導的立場に有り、全国、世界に出て講演をされるほど有名な技工士さんたちです

これらの技工士の方々と仕事ができるのを誇りにしております。


また全てで満足の行く状態でなければ、彼らは決して妥協してくれません。
型の取り方、削る量など、細かなチェックをしてくれます。これが綺麗で長持ちする秘訣です。

これからも妥協のない補綴物を作っていきます。 

 橋中知之 技師
Stacks Image 9844
橋中くんの腕前は海外の雑誌にも掲載されるほどで、日本では各地で公演したりする歩で有名な技工士さんです。

(株)Tottori Dental Technology

[PROFILE]
1994年 鳥取歯科技工専門学校卒業
2001年 大阪セラミックトレーニングセンター卒業
2003年 SJCDテクニシャンコース受講
2007年 Baren Oral Design Course受講
2009年 株式会社Tottori Dental Technology設立
2009年 Oral Design Osaka Course受講
2009年 KEN Oral Design Course受講
スタディーグループ:青谷会
Stacks Image 9852

施術前

Stacks Image 9907

施術後

Stacks Image 9913
Stacks Image 9937

施術前

Stacks Image 9942

施術後

Stacks Image 9946

 堤嵩詞 技師
Stacks Image 10222
義歯の鉄人 堤さん
今では多分紹介でも彼に義歯を作ってもらえる歯科医はいないと思います。それだけ貴重な人です。
本当に義歯の鉄人の称号にピッタリの人です。

株式会社オペラ

[PROFILE]
SHIFT 顧問技師
  • 1950年 兵庫県生まれ
  • 1968年 和田精密歯研入社
  • 1973年 行岡医学技術専門学校歯科技工科卒業
  • 1996年 和田精密歯研退社後 PTDLABO東京開設
  • 1999年 PTDLABO芦屋開設

主な論文・著書
  • 総義歯の臨床ポイント 1.下顎の印象採得(補綴臨床)
  • 技工所の精神的苦痛
  • セグメント・ポリウレタン多相構造機能性床義歯“Biotron-p”について
  • 高弾性プラスチック BIOTRON-R を用いたテレスコープクラウン(PFTクラウン)の技工
  • 金属床とレジン床の接合誤差とその対応(特に総義歯)について
  • 多孔質金属メッシュプレート義歯の臨床的意義とその製作法
  • Gerber総義歯咬合理論の総義歯ならびにパーシャルデンチャーへの応用
  • Gerber理論の歴史的背景とReduced occlusion
  • インプラントの上部構造などに精密な適合性を与えるには
  • 治療用義歯としてのDiagnostic Denture
  • 局部床義歯の構造設計のポイント
  • 治療用義歯の製作方法
  • パイロットデンチャーを用いた総義歯の製作法
  • 模型の観方 ~無歯顎規格模型について~
  • 無歯顎の印象と模型の規格化
  • 無歯顎者のリハビリテーション パイロットデンチャーの役割
  • 天然歯により近い形態を与えた人工歯
  • Gerber Condylator 咬合器による人工歯の削合
  • 患者に満足される総義歯作製のために
  • 総義歯の設計 -咬合平面と歯列位置の設定-
  • 誰にでもわかる総義歯の再整理(1~6)
  • 機能的は総義歯補綴 無歯顎の解剖学的指標と空間の構成
  • システマチック総義歯印象法:合理的なクリアトレーの製作法
  • 口腔粘膜へのアプローチ -生きた粘膜面を読む・知る-
  • リハビリテーション総義歯治療 パイロットデンチャー(1~6)
  • Level up Complete Denture Technique - 1ランク上の機能的総義歯製作のノウハウ
  • (Standard 1~11回、 Skill up )
  • 基本総義歯治療
Stacks Image 10520
Stacks Image 10525
Stacks Image 10515

13年間使用した義歯歯肉の炎症などどこにもない

Stacks Image 10589
Stacks Image 10592
Stacks Image 10595

スマイルにもこだわってインプラントの対合歯には金属床、やはり歯肉に炎症はない。


 脇田太裕 技師
Stacks Image 10750
脇田さんは、大阪トレーニングセンターというセラミックを専門とした卒業後の技工士さんの学校の先生です。
今は片岡繁夫さんから引き継ぎ校長先生をやっています。

この学校の出身は海外で活躍する世界的に有名な技工士さんになりたいなどの希望者はたくさんいます。
実際、今も世界で活躍する人は多くいます。

D.デンタルセラミスト

[PROFILE]
1988年 大阪歯科学院夜間学科卒
1989年 大阪セラミックトレーニングセンター卒
1989年 渡独、Labor Weiss 勤務
1991年 帰国、大阪セラミックトレーニングセンター インストラクター就任
1991年 名越歯科 高槻診療所勤務
1995年 名越歯科 梅田診療所勤務
2001年 名越歯科退社
2001年 D.デンタルセラミスト開業

現在
D.デンタルセラミスト代表
大阪セラミックトレーニングセンター大阪校校長
Ivoclar Vivadent Japan C&Bインストラクター
Stacks Image 10882

施術前

Stacks Image 10887

施術後

Stacks Image 10893
Stacks Image 10920

施術前

Stacks Image 10925

施術後

Stacks Image 10931

 矢野 技師
平成3年4月 三協補綴 入社
平成8年3月 同社 退社
平成8年4月 PRO−ARM 設立

現在に至る
矢野さんは、茨城で開業している技工士さんです。
臼歯のインレーなどはオールセラミックで作製してくれます。

以前はハイブリッドといわれ材料で制作してましたが詰め物であれば、色の変色やスリヘリなどの問題や被せ物の場合は内面に金属を入れてその上にハイブリッドを盛り上げていきますので削る量が多かったりその後の歯肉との相性が悪かったりしました。

このようなジレンマを解消してくれるのがオールセラミックです。
適合などは変わらず、本当に納期や価格の面でも大変お世話になっています。ありがとうございます。
Stacks Image 11134

施術前

Stacks Image 11139

施術後

Stacks Image 11145

咬み合わせに問題があっても、オールセラミックで処置後3年


金属アレルギーの患者さんにも手頃な価格でオールセラミックを提供しております。

Stacks Image 9857
Stacks Image 9878

施術前

Stacks Image 9862
Stacks Image 9873

施術後

Stacks Image 9868
Stacks Image 9955
Stacks Image 9962
Stacks Image 9968
Stacks Image 10026

施術前

Stacks Image 10031

施術後

Stacks Image 10037

金属アレルギーの患者さんにも手頃な価格でオールセラミックを提供しております。

 増岡保治 技師
Stacks Image 10114
株式会社オペラ

[PROFILE]
東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校本科卒業
東京医科歯科大学歯学部附属歯科技工士学校実習科修了

株式会社オーリアラ
有限会社アドバンス歯科技工室長
株式会社モリタ
株式会社オペラ入社
近藤悦子先生に師事 現在に至る

 河村雅広 技師
KSデンタルラボラトリー

[PROFILE]
東洋歯科技工専門学校卒業

JPI咬合診断・治療総合コース講師
Full Custom Implant Co-Cr コース講師
Japan Craft.JPI デンタルグラフィックコース講師

所属
大阪技工談話会員
日本顎咬合学会認定歯科技工士

掲載論文
・クラウンブリッジ プラティカル・デンタルテクノロジー
・「日々臨床での基本の重要性とその見通し」 第1章 印象獲得
・「基本4要素から紐解く
  歯科補綴におけるフレームワーク 次世代に受け継がれる根拠のある技術と考え方」
  第1章 模型観察から導かれる補綴設計
      ラボでの咬合構築に主眼を置いて


 削る技術・技工士さんの感性
Stacks Image 11255

施述前

Stacks Image 11258

冠の自然さ、色合い、噛み合わせ・・・技工士さんの腕です

Stacks Image 11261

歯の境界線の「削り」

マイクロスコープを使用して、歯と歯茎の境界線を見極める。

研磨するドリルは「5倍速」を使用。低速でトルク(馬力)があるので、ブレることなく綺麗に削ることができます。
 一般的には、「キーン」となるタービンと呼ばれるものを使用するけど、微細な部分では弾かれるなど不適切な場合があります。
 *保険適用外ではありますが、当院では必要であれば使用します。

冠の美しさが際立っております。当院の基礎工事とも言える骨や歯肉などのしっかりした施術。
 そして、感性豊かな歯科技工士さんの技術で長持ちする、美しい歯が保たれるのです。

世界水準の技術でお応えいたします。

ホワイトニング・インプラント・矯正
・義歯・まずはご相談下さい

Stacks Image p169423_n9

ご予約、お問合せはこちらへ

029-275-1188

Stacks Image p169423_n18
Stacks Image p169423_n28
*各種ローンの取り扱いもしております
●医療控除について

インプラントやかぶせ物などの歯科治療は、医療費控除の対象となっています。

その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。


●医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

 
●対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)などすべてを
1年間分加算して申告できます。
歯科においては、例えば、金をつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるもの、インプラントも対象となります。
対象期間はその年の11日から1231日までに支払った医療費です。
 

●医療費控除対象金額


医療費総額から補填保険金を引き、そこから「
10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。
(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)
 


*詳しくは国税庁(医療控除の概要)のページ
Close

私たちの目標

治療目標は、「機能的」「審美的に優れ」「永く保つ」ことを基本理念にしています。
しかし目標達成には、明確なゴールを治療に参加する全てのスタッフと患者様が理解し、共有し、協力努力して初めて達成させるものだと理解しております。

一方通行では絶対にうまくはゆきません。目標設定には診断が必要です。
これまでに10万枚にも及ぶ写真撮影し、保存し、患者さんとの治療方針の確認、相談を基本として参りました。

私たちは、総合的に歯周病、矯正、咬合(かみ合わせ)、審美の観点から診断します。
※昨今問題の
金属アレルギー、歯科恐怖症の方もお気軽にご相談ください。

院長 村辺 均

医院概要

三友歯科医院
院長:村辺 均
営業時間 月水金 9:00~18:30
     火曜日 9:00~18:00
     土曜日 9:00~16:30
 
TEL029-275-1188
 住所:茨城県ひたちなか市
    石川町
14-6 コルメ石川
 休診:日・木・祝日

 ・JIADS 認定医
 ・
AO会員(アメリカインプラント学会)
 ・
AAP会員(アメリカ歯周病学会)
 ・
TIP EDGE研究会理事
 ・
日本臨床歯周病学会認定医
Stacks Image p169420_n169331